受講者の声

楽しみながら体験することによって自ら学習する場をご提供

ホーム > 受講者の声

受講者の声

お客様から感想をいただきました

実際に受講した方からの感想文を紹介します。

※掲載の許可を得られた感想文を掲載しております。

※内容に関する部分は一部修正して掲載させていただいております。

【村祭り】"信頼"をさらに高め(固め)て頑張っていきたい
男性
同期同士の"信頼"をさらに高め(固め)て、できるだけ早めに仕事ができる会社の一員になるため、頑張っていきたい。 (2015年)
【村祭り】自分に足りない部分のリストアップができた
男性
今日の研修で、自分に足りない部分のリストアップができた。特に自発的なリーダーシップに関しては、タイミングが遅く、動きが悪いと感じた。これからは仕事やプライベートにおいても何かに取り組む際は、注意深く周囲の情報を正確に把握できるように努力したい。 (2006年)
【村祭り】主体的にチャレンジする姿勢がリーダーシップの発揮には必要
女性
このビジネスゲームを通じて得た「やる気」「リーダーシップ」「柔軟性」「人との和」の4点を、今後特に活かしていきたいと思いました。何事にも主体的にチャレンジする姿勢を常に身につけることで強いリーダーシップを発揮できると感じました。 (2006年)
【村祭り】相手の立場になることが大切
男性
リーダーシップによって強い組織形態が形成された上で、顧客満足を十分に考慮した戦略を立てることが大切だと感じた。顧客の目的、ニーズは何なのか。顧客の視点から見た自分の状態はどのようなものか、と相手の立場になることが大切である。今後業務に携わる上で実践していきたいと思う。 (2006年)
【村祭り】より良い関係で協力すればA+B以上となる
男性
ビジネスゲームで得たこと、学んだことは、
・リーダーは自らの意志でやる人間が最適である。
・相手が何を求めているのかを考え、相手の満足を自分の満足とする。
・自分の行いが誰に何の役割を果たしているか考え行動する。
・大きな視野を持ち、目標を大きく設定することが重要。
・新しい知識を得て、それを良いと思ったら今までの常識を捨てる勇気が必要。
・同じ仕事をしても、反発しあう2人であれば成果はA+B以下になり、より良い関係で協力すればA+B以上となる。
・知恵という財産を得るには時間がかかり、また多くの時間を費やせば多くの収益を得る。
・得た情報を頭だけで考えて知識とするのではなく、自分が腹の底から納得して知識としなければならない。 (2006年)
【村祭り】評価はお客さんが決める
男性
これからは相手のことを考え、自分の専門をどれだけ有効に相手の為に使えるかが重要となってくる。お客さんの要求にビシッとこたえ、さらにその要求以上にすることでお客さんはもっと喜ぶ。評価はお客さんが決めるので、わたしたちはいろいろな技術や知識を持つことが重要であると感じた。 (2006年)
【村祭り】常日頃思っていた疑問を晴らすことができた
男性
自然に生まれてくる(自発的な)リーダーこそ組織を指揮する力があるという言葉に非常に感銘を受けた。ゲームをやるまでは会社の社長や国連の代表など、どのようにしてリーダーが生まれ、指揮しているのか、またなぜその人がリーダーシップを発揮することができるのか、常に疑問に思っていた。一方的にリーダーにさせられる人(指名されたり納得のいかないままその役目につく人)にはその力がなく、自発的なリーダーとの違いとどうあるべきかを学ぶことができ、常日頃思っていた疑問を晴らすことができた。 (2006年)
【村祭り】積極的に取り組むことが重要
男性
自分では「こうした方が良くなるんじゃない?」と一言口にしただけだと感じていたのだが、それが一つのきっかけになったと実感した。自分の考えや他の人の考えを一つの方向へとまとめる事は非常に困難なことではあるが、積極的に取り組むことが重要であり、今回のビジネスゲームでの経験を今後活かしていきたい。 (2006年)
【村祭り】頭ではなく深く理解できたと感じる
男性
このゲームで学んだことは、書き出すとシンプルで当たり前の項目もある。しかしその意味やつながりを頭ではなく深く理解できたと感じる。「これからどうあるべきか?」そして「どうありたいのか」というのを考えさせられた。仲間を大切に自分自身のスキルアップに励み、このゲームで得た知識を自分の経験からより深く理解し、多くの知恵を得てハッピーになりたいと思う。 (2006年)
【村祭り】多くの社員と話しをし、それぞれをよく知ることから始めていきたい
女性
広い視野を持つこと、仲間と信頼関係を築き協力すること、顧客に目を向けること、使えるものは使うこと、柔軟に対応できるようになることなどを念頭において、今後仕事をしていきたい。これからなるべく多くの社員と話しをし、関わってそれぞれをよく知ることから始めていきたいと思う。 (2006年)
1  2  3  4
ワークショップに参加しませんか

PCサイト/スマートフォンサイト