講師紹介 | ワークショップ

楽しみながら体験することによって自ら学習する場をご提供

ホーム > 講師紹介

長谷川孝のご紹介

リーダーシップとの出会い

株式会社あえるば 社長 長谷川孝(はせがわたかし)です。

当社は、学びの場を通じて人と組織の"徳"を引き出すことを目的に各メンバーが各々のお役立ち分野で活動しています。

わたしはその中でリーダーシップを通じて、幸せに働ける人を1人でも多く増やしていくことを目指しています。

2000年。わたしが初めてリーダーシップという学問に出会った年です。


リーダーシップは学んで身につける

米国ワシントン州シアトルにあるワシントン大学。有名どころでは、ブルース・リーやボブ・サップなどが通っていました。ここで長年リーダーシップの授業をされていたベティン教授(Dr.Patrick J.Bettin)から初めてリーダーシップ理論を学びました。

米国の大学ではリーダーシップの講義があり、理論的に体系立てて学んで、リーダーを育てているということがまず驚きでした。日本の大学に在学中、わたしはリーダーシップのリの字も聞いた覚えがありませんし、意識したこともありませんでした。ですから、学んで身につけてリーダーシップを発揮することなど思いもよらなかったのです。




人を助けるのがリーダーシップ

そして次の驚きは、リーダーシップそのものの考え方、捉え方です。そもそもリーダーシップを意識したこともなかったわたしは、ただ漠然と、いわゆる上意下達のトップダウンで、自分の思い通りに人を動かすこと、上が下を将棋の駒のように使うこと、歴史上の人物で言うと織田信長こそリーダーの姿、と何となく思っていました。

しかしその考えが180度転換。リーダーシップとは人の成功を助けることだと言うのです。わたしのリーダーシップという概念の中に、その認識はまったくありませんでした。

全責任を自分で背負って、物事がうまくいくように、たとえば先ほどの将棋で言うと、将棋に勝つためにいかに駒を上手に使うかというのがわたしの認識でした。勝負に勝つ、という「物事」がその中心だったのです。勝つために必要な駒、人を中心に考えたことなどありませんでした。

しかし言われてみればそのとおりです。物事を成功に導くには、必ずそれに携わる人の力が必要になってきます。将棋で勝つには必ず駒の力が必要なのです。飛車、角、桂馬、金、銀、そして歩の力も必要なのです。それぞれの持つ個性をどうすれば活かすことができるか、それぞれがその能力を遺憾なく発揮できるようにするにはどうすれば良いかを考え、そのような環境を創っていくことこそがリーダーの仕事なのです。


あれから15年

それから15年の間、何度もベティン教授の謦咳に触れる機会に恵まれました。今やFriendだと言ってくれるベティン教授。わたしがワシントン大学に超短期の留学に行かせていただいた時も、仕事とは関係なく食事やサッカー観戦などに連れ出してくれました。

ベティン教授のそのような公私の姿を見るにつけ、いつも感じることは目指すリーダーの姿がそこにあるということです。

本当に人として素晴らしく、また、人の成功を助けたい、人に喜んでもらいたい、そういう想いが感じられます。

わたしがお伝えするリーダーシップは、ベティン教授の体系・理論に基づいたものです。しかし、教授自身が体現しているように、ただ理論、理屈を頭で理解するだけではリーダーシップは成り立ちません。理論、理屈だけに留まらず、全身で感じていただくことを目指してお伝えして参ります。

プロフィール

長谷川 孝(はせがわ たかし)

hasegawa@aeruba.co.jp
https://www.facebook.com/hasejapan
株式会社あえるば 代表取締役社長
米国ワシントン大学経営大学院エグゼクティブプログラム短期留学修了
統計士
データ解析士
著書:「実践 統計分析の基礎」万来舎刊

1973年大阪府生まれ。
東海大学政治経済学部経済学科数理経済課程 修了

大学卒業後、正社員、アルバイト、派遣社員、個人事業主など様々な場所で様々な人と様々な形態の働き方を経験。
そこから得た教訓、「仕事は何をするかよりも、誰とするかが大事」ということを自身の活動の中心に据えている。
2010年にシンクタンク藤原事務所2代目社長に就任。
同年から、歴史から人生観や仕事観、倫理観、さらにはリーダーシップや哲学といった様々なことに気付き学び、未来の行動へとつなげていくための史学会(現在は二宮尊徳が題材)を開催している。

2012年、米国ワシントン大学の経営大学院グローバルビジネスセンタービジティングエグゼクティブプログラム短期留学修了。
現在は、各地でのリーダーシップに関する講演・研修、さらに企業内での幹部育成にも携わっている。
また、過去に統計士、データ解析士(財団法人実務教育研究所認定)を取得し、統計講座を開催。現在は従業員満足度アンケート調査を手がける。
著書に「実践 統計分析の基礎―知れば知るほど役に立つ」2005年 万来舎刊 がある。


PCサイト/スマートフォンサイト